Posted by sunnymovie on

サニー32をオンラインカジノ日本の人気No.1のベラジョンでスロット化する企画についてその内情をここだけで暴露します。

サニー32をオンラインカジノ日本の人気No.1のベラジョンでスロット化する企画についてその内情をここだけで暴露します。

職場の同僚から「もうサニー/32見ましたか?」と聞かれたのは、やけに蒸し暑い夏のような日のことだった。昼飯の時間でいつものメンバーで昼飯に出かけた時に、熱くなったアスファルトの上り坂を歩きながら誰かに聞かれた。ザーっという車の通る音にかき消されながら、サニー/32のあらすじに耳を傾けていた。そうか、あれから15年も経ったんだ、とその時思い、頭の中に当時のまだ子供達のいる情景が思い浮かんだ。私は同僚の話から浮遊して、その昔の家族の思い出の流れに身を委ねた。

 

今から15年前の2004年、当時小学4年生と1年生で、やっと親元から手が離れて、少し楽になったという実感が持てた時期だった。小さいアパートの居間にはいつも娘たちの笑い声が響いていて、妻の作る料理の匂いと、テレビのワイドショーのいかにも深刻そうな空気と、外から聞こえる工場の音でむせかえっていた。

わずか小学5年生がカッターナイフで同級生を殺害したというニュースを見たときはちょうど妻が家事をしていた時で、私は後から耳にした。一瞬我が家の娘か?と思いテレビに釘付けになった。その日、娘たちは集団下校で他の保護者に守られるように家に戻ってきたらしい。とにかく恐ろしかった。この可愛らしい、愛らしい、そして時折憎らしくなる娘が、人を殺す力を持ち、誤ってその力を使うという事実がたまらなく怖くなった。

 

「ねえ、聞いてます?」という同僚の声で我に返った。「あ、ああ、ちょっと昔のことを思い出してね」と私は熱くなったアスファルトの上り坂に再び目を移した。

「で、どう思いますか?例の営業が持ってきた企画の件。」

それは3日前にベラジョンというオンラインカジノ運営企業から送られてきた企画だった。サニー32をオンラインスロット化するもので、ベラジョンがすべての配布開発を担当するものだった。

「悪くないんじゃないかな」と私はゆっくりと足を進めながらそう答えた。

実際は悪くないんじゃないどころじゃなくて、飛びついて犬のように顔中舐め回したいくらい実現させたいと思っていた。ピエール瀧だってそう思ったはずだ。スロット案も秀逸だった。例えば北原里英が覚醒して信者たちの心を解放していき、支配して、犯人を足蹴にしながら、門脇麦と対決するまでの過程を凝縮して楽しませるために、ピエール瀧やリリーフランキーが揃うたびに物語が進んでいく。スタックワイルドとして北原里英がリールに登場するのはボーナスステージなので、まず信者たちを解放していかなければならない。スタックワイルドで揃うと、いよいよ赤井が本物のサニーと対決する。その対決シーンが自動のフリースピンシステムになっていて、賞金が入ると同時に向井をカラオケボックスで止めることができる。音楽もサウンドも実際に映画でつかわれているのを使用できる。だから臨場感もそのままだ。さらにタイトルの使用も問題がなく、タレントの著作権の問題もクリア済みだったから、本当に美味しい話だった。

ベラジョンカジノ

ベラジョン は日本で一番人気のオンラインカジノサイトで、本当に優秀なスロットマシンしか揃えていない。ブランド的にも他のオンラインカジノに比べて抜群だった。ベラジョンカジノの評判をこちらから見れます

 

ご存知の通り、ピエール瀧がコカインで捕まり、大々的に報道されてしまった。ベラジョン は薬物関係には敏感で、この話は消えてしまった。

デスクの大きめの椅子に腰掛けながら、珍しく激しく降る雨の音が私の部屋にやけにうるさく響いた。ガランとした部屋に涼しげな風が流れ込んできた。